ベッドにスマホ 睡眠を妨害する恐ろしい真実とは?

秋は夏の間に下がった基礎代謝がぐっと上昇する時です。

最近は注目されていていますが、ダイエット成功のカギは「痩せる睡眠」を知る事だったのです。

ダイエットには必ず「停滞期」が来るのはなぜでしょうか?

それには色んな理由がありますが、人間が生きていく上で生命を維持していこうとするのは元々私たちに備わっている機能です。

これまであなたは色んなダイエットを試したことと思います。

無理なダイエットや食事制限は肉体には良くありません。

そんな、特別なダイエットをしなくても、生活習慣を改善して規則正しい生活サイクルを心がけるだけで、体重は減っていくのです。

如何に規則正しい生活が重要なのか?

生きるためにも重要な「睡眠」の改善のヒントをお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたは寝る前、ベッドにスマホを一緒に持って入っていませんか?


a0002_010663

最近、スマホの普及により、睡眠の質低下にはスマホも関係していました。

それは寝る前などに強い光を見ると交感神経が優位になってくるためなんです。

それでは睡眠の危険信号が赤に点滅しています。

ブルーライトは紫外線に近くエネルギーの強い光であり、空が青く見えるのはこの光でそう見えているのです。

スマホやTV、PCからの光に多く含まれており、疲れ目に影響があるとされています。

ブルーライトは望ましくない睡眠の状態を作り、それが肥満の原因に繋がるということが研究結果として出ています。

目から入ったブルーライトが脳に働きかけて「メラトニン」の分泌を抑えることになります。

そうすると、寝付き難く睡眠中に目が覚めやすい状態になった状態になります。 

スポンサーリンク

メラトニンとは、睡眠に向けて身体の状態を整えていく睡眠を誘発するホルモンであり、このメラトニンが沢山分泌されないと、深い睡眠に入ることが出来なくなります。

睡眠導入時には深い睡眠にならないと、脳は休むことが出来ません。

深い睡眠に入りことによにより、怪我や病気を治したり、若返ったり、肉体や精神のバランスまで司る成長ホルモンは沢山分泌されないので、睡眠は「質」が非常に大事ということなのです。

質の良い睡眠を取るには、寝る前の2時間ぐらい前にはスマホには触らない方が良いでしょう!

a0002_008268

睡眠と体重との驚きの関係


不眠の原因の1つが無理なダイエットをすることで、睡眠を妨げるホルモン(覚醒ホルモン、オレキシン)がでることで、目が冴えてしまいます。

不思議だと思うかもしれませんが、三食食べて、きちんと寝るようにすると自然に体重は減っていくんですね。

睡眠不足とダイエットのスパイラルは、無理なダイエット⇒寝る前に空腹感⇒目が覚めてしまう⇒睡眠不足・・・

このような「ダイエットの負のスパイラル」ともいいます。

睡眠は人間の食欲と深い関係があって、きちんと睡眠を取っていると意外と食欲は抑えられるのです。

キチンと3回バランスよく食べて、正しく眠る、これが一番自然と体重が落ちるコツで無理な事はしなくていいのです。

食間にどうしてもお腹が空いたら、「少し間食をしても良いか!」ぐらいの、感じで始めても良いと思います。

あまり自分を追い込むのは、精神的にも良くありませんものね。

お酒好きな方は知っておいて欲しいのですが、適量のアルコールは体に良いですが、「今日眠りたいから飲む」眠る為のアルコールは、段々量が増えていき依存症になる危険性があるのでおススメしません。

私的にはお酒は「楽しんで頂きたい」ものです。

声を大きくして言いたいのですが、三食食べて、きちんと寝るようにすると自然に体重は減っていくので、まずは規則正しい生活サイクルを作る努力をしてみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です