熟睡ダイエット法とは?寝る時の副交感神経優位ってどうするの?

副交感神経とは、主に夜に活発になり、リラックス時に働きます。

分かりやすく言えば精神と肉体が「休養態勢」になってると言えるでしょう。

その反対の交感神経とは、昼間に活発になり、緊張や興奮時に働く、分かり易く言えば「戦闘態勢」にあたります。

スポンサーリンク


自律神経」とは、心臓・肺・腸・分泌腺など全ての内臓をコントロールする末梢神経の一部で生きるための神経メカニズムなのです。

交感神経」と「副交感神経」からなり互いにバランスを身体機能を調節する役割を担っているのです。


自律神経の機能が低下すると体に脂肪が付きやすく肥満になりやすいと1990年代から言われてきました。

それはなぜかというと、夜と昼の時間の区別ができない状態や不眠の状態になると自律神経が乱れやすくなるためなのです。

週2~3回程度の、適度な運動も自律神経の活動に非常に役立ちます。

運動不足が引き起こす、「肩こりや腰痛」も問題になっており、肩が盛り上がり首との境目が分かり難かったり、肩が凝って筋肉が張り背中に脂肪が付きやすくなり、どんどん痩せにくい身体になります。

日本人に多い「腰痛」も気持ちを「運動」から遠ざけることでしょう。

009107_li


皆さんもよく耳にする「自律神経失調症」とは、病名ではなく、「状態」のことを指しています。

暑いのに鳥肌が立つ、寒いのに汗が出る、眠いのに眠れない、すぐに喉が渇くなど、人によって病気とは言えない程度の様々な症状があり、医者が説明する総称として「自律神経失調症」と言っている訳です。


良い睡眠には副交感神経が働きやすい状態にしてあげなければなりません。

良い睡眠が摂れるようになると「痩せやすい身体になる」ということが言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これが「熟睡ダイエット法」!


「熟睡ダイエット法」

①スマホは寝る二時間前まで

②4秒で吸って8秒で吐く腹式呼吸

これを寝る前に3セットやると副交感神経が活発になるので、眠りの質が改善する。

③頭と顔のタッピング(就寝前)

人差し指・中指・薬指で頭の上を前から後ろ、側頭部を後ろから前へ軽く叩いていく、顔⇒眉間・眉・目の周り・鼻の下・あごの順でゆっくり大きく呼吸をしながら叩いていく30秒、強く叩くのは逆効果、ほんの触れる程度の力で30秒間行う。

④寝る1時間前に大さじ1杯のハチミツを摂る


寝る前に肝臓に天然ハチミツの糖質を蓄えると睡眠中の脳のエネルギー源となり、成長ホルモンの分泌を盛んにし、睡眠中の体脂肪の燃焼を進めます。

天然ハチミツ」⇒代謝を促すビタミンB群など美容にかかせない成分も豊富に含まれている。

ダイエット中は免疫力を支えるビタミンやミネラルが不足しがちなので、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりすることがあります。

R-1乳酸菌」はナチュラルキラー活性(免疫力)を上げ、ウイルス感染に強くなり、また便秘解消にも効果的で健康的なダイエットにもなります。

これらを全て一度に始めるのはストレスになりますので、出来るところから始めると良いでしょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です