入学、異動、就職 引っ越しシーズンに知っておくべき裏ワザはこれ!

新年が明けて、1~3月は引っ越しシーズンに突入します。

大学入学での一人暮らしや、就職、転勤や異動があるのも3月です。

大学受験でも、推薦入試だと12月の合否が決まっていたりするので、準備は早めに取り掛かれますよね。

私が大学を推薦で入ったので、比較的早く準備が出来て助かりました。

しかし、ほとんどは一般入試ですから、合否が分かる2月は引っ越しのピークになります。

卒業や就職で都心から離れていく場合でも、良い物件などは、知人や身内で紹介しあって回したりすることもあります。

春に、今住んでいるアパートやマンションを出て行く人のスケジュールは早くに決まっているため、不動産屋も早めに掲載してるところもあります。

今は、インターネットでの物件探しが常識になっています。

しかし、昔みたいにその地域の不動産屋を歩いて探すという人も減ったとは思いますが、意外と確実かもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットで物件探しの注意点

同じ物件でも、掲載してる不動産屋が違うと、条件まで違ってるということが時折あります。

大家さんは、複数の不動産に紹介してもらう事が可能です。

そこで、不動産屋によって1つの物件でも扱い方が違ってくるんですね。

弱い不動産屋なら、良い条件で出すでしょうし、人気の大手の不動産屋なら強気の値段で出していることもある思います。

もし、同じ物件で条件の違うものを見つけたら、条件の良い方で契約しましょう。

また、いい物件を見つけたら、他に掲載している不動産屋はないか探してみましょう!

敷金や礼金、が1ヶ月~3ヶ月違えば、相当大きな出費になりかねません。

また、更新条件でも、更新料が無し、としてあるのと2ヶ月としてるのでは2年後に大きな経済的ダメージを負うことになります。

短大ならいいかもしれませんが、4大なら1度は更新が来ますからね!

スポンサーリンク

物件情報を見る時は、掲載日を見ておいて下さい。

古いものはもう契約が終わっているかもしれませんし、いい物件なのに決まらないのは何か理由があるかもしれません。

ネガティブな情報は不動産屋は喋りたがりません。

しかし、聞かれたことには答えなくてはなりませんし、ウソの情報は言ってはいけません。

そこで、不動産屋がとても嫌っている、「事故物件サイト」を紹介します!

大島てる(事故物件サイト)

めぼしい物件が見つかったら、一応こちらでチェックすることをおススメします。

165

どこが管理しているかを知っておく

物件情報には、取引様態で、「貸主」、「代理」、「専任」などと記載されています。

貸主とは、その掲載している不動産屋が大家に当たり、代理とは不動産が貸主の代理で募集していて、専任とは、掲載している不動産屋だけが管理、募集している物件ということになります。

もし、これらの取引様態だと、あまり悪い条件のモノは少ないでしょう。

質問や、要望、希望を出しても返事もすぐに返ってくると思われます。

しかし、物件のほとんどが「仲介」と書かれていると思いますが、これは、不動産業者と貸主の関係が薄い事が多く不動産屋で条件も変わるので必ず下見や内見は外せません。

033

まとめ

引っ越しのピーク時には不動産業者も内見まで同行してくれることが出来ないほど忙しくなってきます。

インターネットの情報も、1つの物件に対し複数条件が異なって掲載される場合もあります。

また、先ほどの「事故物件」かどうかも確認しておきたいところですよね。

また、ある不動産屋が管理してる物件でも、他の不動産屋を通して借りることも出来ますので、専任の業者を作っても良いかもしれません。

一つ気を付けなければならないことは、「手付金」や「申込金」は書面での契約を結ばない限り、戻してもらえるので、キャンセルしたい場合は戻してもらいましょう。

「手付金」「申込金」は「条件が揃えば借りますので、それまで優先的に物件をキープしていてくださいね」ということであって、いくら手付金を払っていてもそれだけでは契約が成立するものではありません。

それを破ることは、宅建業法違反という事なので、違法に当たります。

私の場合は、手付金を預けた業者から、契約した不動産屋を通して返してもらいました。

賃貸物件は、間取りと賃貸料ばかりに目が行くと思いますが、不動産屋選びにも注目しておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください